栄養が豊富

ブルーベリーには視力回復や視力保持をしてくれる多くの栄養素が含まれています。その代表格としては、抗酸化作用や網膜に良い影響を与えてくれる物質であるアントシアニンというポリフェノールの一種が有名です。しかし、ブルーベリーに含まれている目に良い栄養素はこのアントシアニンだけではありません。それ以外にも多くの栄養素が含まれているのです。

では、その他の栄養素にはどのようなものが存在しているかご紹介しましょう。まずはβカロテンです。βカロテンは体内に取り入れられることでビタミンAになります。ビタミンAは人間が視覚を使用する際に網膜のなかで活発に代謝されている物質でありますから、これが欠乏してしまうと網膜の機能が正常に働かなくなります。それゆえに、ブルーベリーからβカロテンを摂取することでこの網膜を正常に働かせることができます。

その次に挙げられるのがビタミンCです。このビタミンCは言わずと知れた有名な栄養素の一つであり、ポリフェノールと同様に抗酸化作用を身体にもたらしてくれるものです。ただ、ビタミンCの効能というのは抗酸化作用だけではありません。実は眼球においてビタミンCは重要な役割を果たしている栄養素であり、目からそれが欠乏してしまうと大変なことになってしまいます。なぜなら、ビタミンCが欠乏することによって起こってしまう症状には白内障や緑内障などがあり、視力低下の大きな原因になりかねないものが多いからです。逆に言えばこれらの眼の症状に対し、ブルーベリーを食べてビタミンCを取り入れることでその症状の改善を図るのも可能であると言えます。

ビタミンCの他にはビタミンEもふんだんに含まれています。ビタミンEの効能は、ポリフェノールやビタミンCと同様に体の抗酸化作用をもたらしてくれること、そして白内障の改善効果も認められていると言われています。

ブルーベリーに含まれている目に良い栄養素はこの他にも、カリウムや亜鉛など数種類が含まれています。アントシアニンという目の健康保持に重要な栄養素と合わせて、その他の栄養素が包括的に摂取できる点においても、ブルーベリーはとても栄養が豊富な食材なのです。